感染症の感染経路について考えよう

身近に蔓延している感染症にはいくつかの分類の方法があります。
その方法の一つとして実用性が高いものが感染経路で分類するというものです。
空気感染、飛沫感染、接触感染、経口感染、血液感染といったものが代表的な感染経路として知られています。

感染症の大半はウイルスが媒介するものか細菌が媒介するものですが、そのいずれもがこういった中のいくつかを感染経路としています。
例えば結核は結核菌に対する感染症であり、一度撲滅がなされたと言われましたが、再びその姿を現しつつあります。
その感染が大きな問題となってきたのは空気感染が起こるからであり、患者となると隔離された施設に収容しなければ蔓延を防ぐことができません。

また、インフルエンザは季節性のものが毎年流行することで問題となっていますが、これはインフルエンザウイルスに対する飛沫感染で広がるものです。
結核に比べると蔓延しにくいといえるものですが、潜伏期間に飛沫感染することもあります。
気づかないうちに感染が拡大していってしまうことからパンデミックを起こしたことも何度もある脅威の感染症となっています。

この他にノロウイルス感染は経口感染によって広がり、B型肝炎やC型肝炎はそのウイルスが血液感染を起こします。
水虫は接触感染によって感染を拡大していくものとして知られています。
また、お子様をお持ちの方は、子供の感染症について心配になるでしょう。
子供の感染症にはアモキシシリンという有効成分を含むノバモックスなどの薬を使用すると良いでしょう。

性行為によって性病に感染した際にはゾビラックスなどの細菌の増殖を抑える治療薬が必要となります。
ヘルペスや帯状疱疹などに効果がある治療薬で、ゾビラックスでの治療期間は7日間以上の服用が必要となります。

こういった形で、感染症ごとに媒介する細菌やウイルスが存在しています。
それらが特徴的な感染経路をとって広がっていくのです。
感染経路ごとに分類して理解することによって、その感染予防についての考え方を広めることも容易になるというメリットがあります。
感染症の種類を分ける際にはよく用いられる考え方となっています。