包茎の男性は性病に感染している確率が高い?

男性にとって包茎は、コンプレックスの一つになっている事が多いです。
特に思春期の男性は余計に意識してしまう事があり、気軽にいじれるものではありません。
包茎は不潔であり見栄えが悪くく更には臭そうなどの女性から悪いイメージを持たれていることも多いです。
マイナスイメージを持たれるだけでなく、男性の場合は包茎が性病の元となることもあります。

包茎ではない場合、亀頭が乾燥して清潔な状態を保ちやすくなっています。
包茎の場合は、包皮線からの分泌物や汗、尿が包皮と亀頭の間に溜まりやすく湿ってしまい不潔になりがちです。
恥垢と呼ばれる白か黄色の強烈な臭いを伴う物質を溜め込みやすくなっています。
包皮をむいて洗浄することが困難なため、恥垢が石灰化している場合もあります。
この状態になってしまうと流すだけで洗う事は困難になってしまいます。
しかし放置するのも衛生的にも良くないので、ある程度の痛みを覚悟して洗いましょう。

この不潔な状態は、細菌や真菌を繁殖させる温床となります。
そのため包茎の男性は性病にかかりやすく、重症化しやすくなってしまうのです。
特に重病化しやすい性病として、尖圭コンジローマが挙げられます。
予防するには亀頭を清潔にすることが求められるのですが、包茎の場合は難しい場合が多いです。

包茎を解消する選択肢として、手術することが挙げられます。
現在の包茎手術は日帰り手術がほとんどです。
手術当日からシャワーもあびてよしとすることも多いです。
無料カウンセリングを行っている病院も数多く存在していますので、気になる方はカウンセリングだけでも行ってみる事をオススメします。
手術をする場合にはメリット、デメリットをよく確認の上行いましょう。