ヘルペスにかかったらすぐに治療薬を服用しよう!

帯状疱疹やヘルペスは、抗生物質をいくら投与しても治療する事は出来ないです。
何故かというと、これらの病気の原因は抗生物質が有効な細菌では無くウイルスだからです。
ウイルスと細菌は似ているようで別の種類です。
どちらも体内で増殖して数を増やしていくという点では同じですが、細胞は自己増殖をするのに対してウイルスの場合は細胞内に侵入する事で増殖するようになっています。

ヘルぺスの症状が出たら早めにゾビラックスを服用することで、ウイルスの増殖を抑えることができます。
ヘルペスになりたての症状にゾビラックスは非常に効果的です。
しかし、すでに帯状疱疹やヘルペスはウイルスに感染してしまっていて赤く腫れたり水ぶくれが出来るといった症状が出てるときは、そのウイルス種類に合わせて薬を用意しなければ効果が薄いでしょう。

抗ウイルス薬として幅広く効果があると有名なのが、バラシクロビルが有効成分である薬のバルトレックスです。
治療薬が存在しているウイルスに対して攻撃して数を減らすという訳では無く、ウイルスの増殖を阻止する事によって数が増えないようにして治療を行うのがバルトレックスの効果になります。
つまり、症状が悪化すれば悪化するほど、ウイルスが増殖しているという事になりピークを迎えてからバルトレックスを服用してもほとんど効果はありません。
症状が現れ始めたらすぐに服用する方が効果があり、症状を抑えて早く治療する事が可能となります。

そうした事もあり、症状が現れてから病院へ行ってバルトレックスを処方して貰うのは時間と手間が掛かってしまうので、通販を利用してバルトレックスを常備しておく人もいます。
一般的にはバルトレックスを購入するには医師の処方が必要ですが、個人輸入ならば手軽に購入する事ができます
バルトレックスのお求めは通販がお得であり、常備しておくといざという時に直ぐに服用する事も可能です。