カンジダの治療にはフォルカンを使おう!

性病の一つカンジタ症は、膣内の常在菌であるカンジダという真菌が性器に感染して生じる感染症です。
特に女性の性器に感染する性病で、その場合は「カンジダ腟炎」や「腟カンジダ症」と呼ばれます。
カンジダ症の症状について、ご紹介します。

まず、強い痒みを伴います。
白いドロッとしたようなおりもの、例えるならカッテージチーズやヨーグルトのようなおりものが出る症状があります。
また、腟口や陰唇、亀頭などの外陰部が真っ赤に炎症するといった症状があります。

腟カンジダは、女性の5人に1人が感染するといわれているポピュラーな病気です。
膣内は乳酸菌によって酸性に保たれているために、他の菌が繁殖しずらい環境となっています。
しかし、疲れやストレスによる免疫力の低下や妊娠、抗生物質の使用により常在菌のバランスが崩れることが原因でカンジダ菌は増殖します。
再発率が高い病気なので、痒みを我慢しないで早めに受診されることをおすすめします。

カンジダの治療に高い効果を持つ治療薬として、抗真菌薬であるファルカンがあります。
フォルカンはダイフルカンのジェネリック医薬品です。
フォルカンは飲み薬で、カンジダの治療には1日1回飲むだけなので非常にお手軽です。

フォルカンの主成分はフルコナゾールと呼ばれるもので、カンジダ菌を殺菌する効果と発育を抑える効果があります。
カンジダ菌を抑えることで炎症や荒れた粘膜の改善が期待できます。
また、フォルカンには膣液の分泌を促進させる効果もあるので、炎症による性交痛などの症状を改善することも可能です。

フォルカンは日本では取り扱われていない治療薬なので、個人輸入などの手段が必要になります。
個人輸入は代行業者を利用することで簡単に利用することが可能です。
中には悪質な業者もいるので、信頼できる代行業者を探しましょう。